新築住宅の購入|炭の家に依頼する一生ものの住宅|最高の暮らしのスタート

炭の家に依頼する一生ものの住宅|最高の暮らしのスタート

住宅

新築住宅の購入

インテリア

新築住宅を購入するメリットは、住宅購入時の税制優遇が大きいことです。住宅を購入する際の諸経費の中には、様々な税金が含まれております。住宅は私たちの生活の基盤であるため、住宅を購入する際にかかる税金については、様々な優遇税制が設けられております。特に、新築住宅においては固定資産税の軽減措置があったり、登録免許税や不動産取得税においては、中古住宅よりも軽減される金額が大きくなったりします。また、新築住宅を購入する場合は、販売した事業者が10年間の瑕疵担保責任を義務付けられているため、販売した事業者は瑕疵担保責任を履行するための資力確保として、供託金の拠出か保険加入のどちらかが義務付けられています。

それに対して、中古住宅は個人間売買で取り引きがなされるため、売主の瑕疵担保責任が免責になる契約が取り引きの過半数を占めております。売主の瑕疵担保責任が免責でない契約であっても、売主の瑕疵担保責任は引き渡しから3ヶ月程度に限定されることが多いです。そのため、住宅購入後の瑕疵に対するリスクヘッジに関しては、中古住宅は新築住宅に及びません。また、新築住宅は他人が使用したことのない真っさらな空間に価値を見いだしている人が多いです。そのため、非常に人気が高く、中古住宅より販売価格が高い場合が多いです。しかし、駅近の利便性の高いところや眺望の良いタワーマンションの高層階の中古住宅は、新築住宅として購入した価格よりも高く売れることもあるため、資産運用を考えている方にはおすすめします。