建築家に依頼|炭の家に依頼する一生ものの住宅|最高の暮らしのスタート

炭の家に依頼する一生ものの住宅|最高の暮らしのスタート

住宅

建築家に依頼

住宅模型

建築士事務所で住宅を建築するメリット

注文住宅を設計士事務所で建築するメリットの一つとして打ち合わせの段階から建築士の資格を持った専門家と家の設計ができる点が挙げられます。ハウスメーカーや工務店などで住宅を建築する場合、必ずしも建築士の資格を持った人が打ち合わせをするとは限らないのです。ハウスメーカーなどの場合住宅建築や設計に関する専門的な知識を持っていない人が打ち合わせを行い最終的なチェックを建築士が行う場合も少なくありません。建築士の資格を取得するには建物の構造などより深い知識が必要となります。建築士が必ずしも住宅の設計が得意というわけではありませんがしかし建物に関する構造に関しては少なくてもしっかりとした知識を持って設計を行えます。ですから、設計段階で専門家の意見を取り入れた住宅を建築することでより頑丈な住宅を建築することができるのです。

建築家と名乗っている人の注意点

日本では建築家を名乗るために必要な資格はありません。いわば誰でも建築家を名乗ることができるのです。一般的に建物に関する資格というのは建築士と呼ばれるものです。建築家と呼ばれる人の多くはこの建築士の資格を持ち活動していますが中にはこの資格を持たずに活動している人もいます。 世界に目を向けると建築家とはアーティスト要素が強く構造物を一つのアートととらえこうした構造物をデザインする人のことを指します。しかし日本で建築家といえば住宅などの設計や監理を行っている人のことを指します。しかし住宅に関する資格は建築士です。法律上でも建築士を想像させるような紛らわしい名前を名乗ることは禁止されているが建築家というのはグレーゾーンなのです。ですから住宅の設計を建築家に依頼する場合には建築士の資格を持っているかを確認する必要があるのです。